沖縄の海でより快適なダイビング経験を積むことができる

SITEMAP

ダイビング

ダイビングをするなら沖縄で

魚

沖縄のダイビングと聞くと、マリンスポーツの中でも特に敷居の高いイメージがあるのではないでしょうか。ウエイクボードやサーフィン、ジェットスキーなどその他のマリンスポーツも難しいのに変わりはありませんが、ダイビングは水中に潜るという特殊性から敬遠してしまう方が多いような気がします。
しかし、体験ダイビングというプログラムに参加すれば非常に手軽にダイビングの世界に足を踏み入れることができます。海に囲まれた日本には、数多くのダイビングスポットがありますが、やっぱり沖縄の青い海で参加することを強くオススメします。海が綺麗なのはもちろんですが、たくさんのダイビングショップがあるので、自分の好みに合わせて選ぶことができるというのも利点の一つです。
ダイビングだけでなく、他の遊びも楽しみたい方もいれば、時間とお金をかけてもいいから沖合の珊瑚礁で潜りたいという方もいるでしょう。旅の日程や目的、予算に合わせて複数のダイビングショップに問い合わせてみましょう。沖縄の海はどこも綺麗ですし、ほとんどのショップが器材を準備しているので、水着とタオルだけで参加することができます。つまり、どのお店を選んでもダイビングの楽しさを実感することができるのです。

ダイビングショップの選び方について教えます

沖縄はダイビングのメッカと呼ばれるだけあって、実に多くのダイビングショップが存在しています。通い慣れた店があれば良いのですが、初めてとなるとお店選びに迷いますよね。まず、一番分かりやすい比較方法は価格だと思います。ダイビングにはある程度の価格帯がありますが、とくに協定があるわけではないので、それぞれのお店が自由に設定しています。多くの方が安い所を選びますが、ダイビングは危険と隣り合わせの遊びなので、慎重に選びたいものです。
他のショップと比べて格段に安い所は要注意です。ショップの立場で考えた場合、ダイビングの費用を抑えるのに手っ取り早いのは、一人のインストラクターが担当するお客さんの人数を増やすことです。これで、人件費を増やさずに収益を上げることができます。しかし、水中という危険な空間で大人数のケアをするというのは並大抵の事ではありません。低価格だからと言って全てのお店がそういう形態だとは言えませんが、可能性は高いと思われます。
なので、おおよその標準価格というものを把握して、その中から何軒かピックアップし、ホームページやブログなどでお店の雰囲気を見て、そのうえで、電話で直接話すなどして選んでみると良いでしょう。そして、その沖縄のお店が気に入ればできるだけ同じ所に通うことです。そうすれば多少のリクエストなども聞いてもらえるので、沖縄でより快適なダイビング経験を積むことができることでしょう。

ダイビングの流れ

沖縄のダイビングは海の中に潜り、水中世界の美しさを見て回るという癒し度満点の沖縄のマリンスポーツです。しかし、ダイビングの一連の流れの中には様々な危険があるのでしっかりと手順を確認しながら行う必要があります。まずは、潜る前の器材のチェックです。
ボンベは、見た目は鉄の塊なので中身がどうなっているのかは分かりません。つまり、使用済みの空のボンベが紛れ込んでも判別できないのです。そこで、残圧計というボンベの中の空気圧を表示する器材で空気の残量を確認します。多少の違いはありますが、おおむね200気圧前後であれば満タンとみなします。次に、器材に損傷が無いか、正常に作動するかどうかを確認します。とくに、浮力調節に使用するBCDや呼吸に直接関わるレギュレーターはしっかりと確認しましょう。
確認が済んだら、いよいよ潜行開始です。バランスを崩さないように、ロープにつかまりながら耳抜きをして下りていきましょう。水底に着いたら、焦らずゆっくりと泳ぎ回ります。人にもよりますが、だいたい30~40分程泳いだら浮上を開始します。
実は、この浮上が一番注意を必要としているのです。浮上すると同時に、体内の空気が膨張を始めます。浮上スピードが速いと空気の排出が膨張に追い付かず、肺の破裂や、血栓などの傷害をもたらします。毎分18メートル以下の速度を守って浮上しましょう。これらの注意点を常に頭の中に入れて楽しい沖縄のダイビングをしていきたいものですね。


ダイビングが趣味だという方、沖縄ダイビングを体験したことはありますか。神秘的な空間を演出してくれる沖縄の海でダイビングをするというのは、もう最高の一言です。まだ体験したことがないという方は、この夏にでも沖縄へ行って最高のダイビングをしてみてください。